子どもたち


 ・スn・ス謠、・スX・スX・ス・ス・ス・ス・スメ・・ス・ス・スQ・ス・ス・ス・ス・ス・ス・スT・スv
FaceBook
子どもゆめ基金の活動
民話劇づくり

 ★ 郷土の民話を探し出して、子どもたちがみんなの力で、
   台本や舞台づくりを考えて民話劇をつくり演する活動です。
  そして民話を探し出すことで、
  地元への愛着心が芽生えることを期待する試みです。

    
今年は7月27日から活動が始まります。。
    お楽しみに
    3月21日が本番です。 鶴見公会堂

 

 

里山で自然観察をしながら工作や、水質検査や、オリエンテーリングで、山の中を
駆け回ります。

自然体験キャンプ゚夏
近郷の里山で子どもたち同士自然と共生する豊かな暮らしを体験します。わらじ・
箱メガネ・日時計・水鉄砲などを作ります。

古民具づくりキャンプ冬
正月飾りと凧・コマを作ります。


 
民話の紙芝居をつくり高齢者施設で発表し会話する社会奉仕活動  

子どもたちが民話を題材に紙芝居を作り高齢者施設や障害者施設で、披露し、
高齢者の方たちとクイズをしたりお話をしたりして、遊びます。

障害者スポーツのサポートをするボランティア
障害を持った方たちのスポーツのお手伝いです。
ボッチャ・電動車椅子サッカーのお手伝いです。に乗って、対戦することもあります

 


電気を調べて作る科学実験活動
★街は様々な建造物であふれていますが、そのほとんどが電気がないと何の役にも立たない物です。

どうやって電気が作られて、使われているのか電気を徹底的に調べます 

そして、電気を使った工作をします。
 
身近な植物の「かおり」からアロマキャンドルをつくる科学体験活動

良い香り、悪いにおいをいろいろと調べて、好きな香りのキャンドルを作ります。
 
川の流域地図を作る自然科学活動

都会の真ん中を流れる帷子川や大岡川のの流域地図を作ります。


民話や童話から世界を知る活動

★各国の民話をネイティブな言語で聞き、
 その国のことを調べ、
  気候・食べ物・風習などや、
 日本との関係などを話し合います。
   1年で5〜7か国行います。

広告づくり活動
商店の広告作りから、伝える力を育む交流活動

★こどもたちが、お店を訪問して色々なことを取材し、どのような
 ポスターやチラシを作ったら効果があるかを考える活動です。
 上手くいったら、商店街の街頭放送に挑戦します。 
 
役に立つ動物


警察犬の訓練に参加して働く動物のことを考えます。

子どもゆめ基金の活動
 被災地のみなさまへの支援

★ 平成23年9月から、独立行政法人医療福祉機構の補助金をいただきました。「悟空研究所の小さな小さな力で、被災地の皆様に何ができるか?」を考えた時、「皆様のご協力により培ってきたノウハウを持って現地にお手伝いに行くしかない」との結論に達し、
6か月経った、気仙沼市・南三陸町の皆様が避難しておられる登米市の、子どもたちと「地元の民話を使って紙芝居を作り、仮設住宅の高齢者の方々を訪問する」活動を始めました。

 



★ 
みなとみらい21財団の助成で平成23年・24年に行いました。
みんなで、みなとみらいを調べてクイズを作って走り抜けました。

 

 未成年者飲酒予防

株式会社アサヒビール・キリンビールの助成を受けて3年間未成年者飲酒予防の勉強を
して、劇を作り演じました。

 
活動名をクリックすると活動の詳細がわかります。 

 
 問い合わせ先
  特定非営利活動法人悟空研究所 横浜事務所

  〒231−0045  横浜市中区伊勢佐木町1−3−1第1イセビル1408
  TEL&FAX 045−261−4959
MAIL info@goqu.jp